column 雑感の音

第15回仙台市私立幼稚園教育振興大会に出席


健康福祉常任委員会の一員としてご案内をいただき、第15回仙台市私立幼稚園教育振興大会に出席させていただきました。
会合の中で、日本私立幼稚園連合会選定幼稚園母の会の歌「愛の花輪」という歌を斉唱する機会がありました。

1.てをつなぎましょう おかあさま
  白い野バラの花の輪に
  大地微笑む みどりです
  交わす笑顔に そよ風も
  希望の喜び 運びます

2.手をつなぎましょう おかあさま
  大空高く 伸びやかに
  枝で 小鳥も呼んでます
  昨日生まれた 小さい芽が
  今日は双葉になりました

3.手をつなぎましょう おかあさま
  平和の小鳩 育つ日を
  翼いっぱい 風受けて
  未来を目指し 駆ける日を
  心に祈り 生きましょう

以上のような歌詞でした。(いただいた楽譜には全文ひらがなの表記でしたので、漢字が違っているかもしれません)

歌は世につれ、と申しますが、風雪を感じるものがありました。
いつの世も、「子は宝」だと思います。
私立であれ、公立であれ、また、幼稚園であれ、保育園であれ、子どものためにあって当然と思います。
子どもの健やかな成長を切に願い、そのための支援策をしっかりと講じていけるよう見守っていきたいと思います。